静岡県富士市で腰痛・頭痛・便秘でお悩みなら大竹整体院
 

不妊専門 大竹整体院

〒419-0201 静岡県富士市厚原175-42(富士インターから車で10分)

受付時間
13:00~20:00
電話受付
10:00~20:00
  定休日 
日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0545-67-1395

尿もれでお悩みのあなたへ

腹圧性尿失禁(尿漏れ)

尿もれは女性に多く、日本では40歳以上の女性の約4割にあるといわれています。

そのうち最も多いのが、おなかに力が入ると尿がもれる腹圧性尿失禁です。

腹圧性尿失禁は、「せきやくしゃみをした」「重い物を持った」「スポーツをした」など、おなかに力が入って腹圧がかかったときに起こります。

最初はくしゃみなどで、不意に大きな力がかかったときに現れることが多いのですが、

進行すると、「小走りをする」「つまずく」「階段を上り下りする」「洗濯物を背伸びして干す」「歩く」などの日常動作でも尿もれが起こるようになります。

「仕事で重い物を持ったりおなかに力を入れる動作が避けられない」「花粉症があって頻繁にくしゃみが出る」などという人では、生活の支障が特に大きくなります。

 

腹圧性尿失禁が起こる仕組み

腹圧性尿失禁の主な原因は、膀胱や尿道を支える「骨盤底」のゆるみです。

女性の場合、骨盤内には膀胱や尿道、子宮、直腸などの臓器があり、それらを骨盤底が下から支えています。

骨盤底は、「骨盤底筋群」と呼ばれるいくつもの筋肉や、靭帯、筋膜などからなり、骨盤内の臓器をハンモックに載せるようにして支えているのです。(ちょうど自転車に乗った時にサドルが当たる部分です。)

健康な人では、膀胱に腹圧がかかったときには、骨盤底の筋肉や靭帯などが連携して尿道を支える仕組みがあり、尿道を周囲から締める「尿道括約筋」とともに、尿がもれないように働いています。

しかし、骨盤底がゆるむと、支えがしっかりしない尿道はグラグラして動きやすくなります。

その「グラグラ尿道(尿道過可動)」の状態で腹圧がかかると、尿道が膣のほうへ下がって開きやすい状態になるのです。

また、尿道の周囲を取り巻く尿道括約筋の力も弱くなり、「スカスカ尿道(尿道括約筋不全)」といわれる状態になっています。

そのため、腹圧が加わって、尿道が膣のほうへ下がって開くと、尿道をしっかりと締めつけることができず、尿がもれてしまうのです。

 

骨盤底の緩みにつながる要因

骨盤底が緩む要因としては、妊娠、出産、女性ホルモンの分泌低下、加齢による筋力低下、肥満などがあげられます。

妊娠中は3キロもある胎児と、胎盤や羊水を支えているのですから、骨盤底には大きな負担がかかります。

そのうえ、出産時にぐーっと引き伸ばされ、筋肉が薄くなり、緩んでしまうのです。

産後に尿失禁が起こりやすいのはこのためです。

でも、若い時は回復も早く、ふくらんだ子宮が数ヶ月でまた元の大きさになるように、伸びきった骨盤底の筋肉も、4ヶ月ぐらいで元に戻ります。

ただ、一度傷んでしまった筋肉は完全には治りにくく、加齢とともにゆるみやすくなります。

出産の経験がある妊婦に腹圧性尿失禁が多いのは、出産によって骨盤底がダメージを受けているからだと考えられます。

さらに、更年期や閉経期前後になると、女性ホルモンの分泌が低下します。

なかでもエストロゲンには、尿道の筋肉やそのまわりの筋肉にハリをもたせる働きがあるので、分泌が減ると弾力がなくなり、骨盤底がゆるんでしまうのです。

また、加齢によっても筋力は低下し、当然骨盤底筋群も弱まってきます。

このように、骨盤底がゆるむ要因はさまざまありますが、見落としがちなのが肥満です。

肥満になると脂肪が増えて筋力が減ります。

おまけに重い内臓や脂肪を支えなくてはならず、骨盤底は疲れ果てて伸びてしまうのです。

 

尿もれを何とかしたいと思われているあなたへ

尿もれの程度が軽い場合には、骨盤底筋を強化する体操や骨盤のバランスを整えることで、尿もれが起こりにくくなります。

尿トラブルを解消して気持ちよく毎日を過ごすために、当院を役立てていただければ幸いです。