静岡県富士市で腰痛・頭痛・便秘でお悩みなら大竹整体院
 

不妊専門 大竹整体院

〒419-0201 静岡県富士市厚原175-42(富士インターから車で10分)

受付時間
13:00~20:00
電話受付
10:00~20:00
  定休日 
日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0545-67-1395

慢性通、職業病だからといってあきらめていませんか?

いいえ、あきらめないでください。

当院では、皆さんが痛みを感じない生活を再び送れますよう全力でお手伝いさせていただきます。

皆さんが最初に痛みを感じた頃は、

「まだ、この程度の痛みなら我慢できるし‥‥」

と思われて、特に対策は講じてこられなかったのではないでしょうか。

私たち人間の体は思っているよりも無理がきくようにつくられています。

しかし、そのお陰で体に異変を感じたとしても「放っておけば治るだろう」という安易な考えをしてしまい、ついつい体のケアを怠ってしまいがちです。

 

異常があるから痛みがあるのです。

 

痛みは、体を守るための警戒システムです。

それを無視して、痛みに耐える生活を長く続けてしまうと、状態はどんどん悪化していきます。

「異常があるから痛みがある」ということを忘れないでください。

痛みには急性痛と慢性痛と二種類に分けることができます。

急性痛とは、やけど、肉ばなれ、骨折、寝違い、ぎっくり腰(捻挫)などなんらかのきっかけによって突然痛みにおそわれるもので、どこが痛いかすぐにわかるものです。

一方、慢性痛は長年の蓄積によって痛みが生じ、徐々に進行していくものです。

自覚しにくいもので最初は大丈夫と思っていてもだんだん日常生活にも支障をきたすようになり、ひどくなると動くことができない場合もあります。

 

腰痛解消には大腰筋がカギ。緩めることで生理湾曲を取り戻しましょう。

 

慢性腰痛にも、腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などいくつか種類がありますが、ここでは慢性腰痛の中でも最も多い、そして当院でも得意とする腰痛症についてお話させていただきます。

腰痛症とは、病院で詳しく検査をしても、これといった原因が見つからない慢性の腰痛に対してくだされる診断名です。

一般的には、日常生活での不良姿勢による腰の筋肉の疲労や、腰椎周囲の筋力が弱く、適切な姿勢が保持できなかったり、腰椎周囲の筋肉に過度の負担がかかることが、原因とされています。

多くの人が腰に痛みを抱えるのは、人類の進化の過程に関係があると言われています。

四足歩行から二足歩行になり、腰には大きな負担を強いられるようになりました。

その結果重力に耐えられなくなった腰の筋肉が悲鳴をあげて腰痛になってしまうのです。

ちなみに70kgの体重の人が普通に立っている状態で、腰には100kgの負担がかかっていると言われています。

この負担を最小限に抑えるために、人間の背骨は緩やかなS字状のカーブができているのです。

これは生理彎曲と言って、最も負荷のかからない絶妙なバランスをとっています。

ところが、大腰筋という筋肉が硬く縮んでしまうと、重力に対応するS字カーブが崩れて腰への負担が増大してしまいます。

当院では腰痛の原因は、骨盤周辺、股関節周り、大腿部、体幹部などに筋肉の過緊張が起こり、(特に大腰筋)そのせいでバランスが崩れ、ゆがみが生じてしまい、腰の一定の場所に負担がかかり続けているからと考えています。

大腰筋は背骨の左右にあり、腰の骨と太ももの骨の内側を結ぶ筋肉です。つまり上半身と下半身を繋いでいる筋肉です。

大腰筋には主に3つの働きがあります。

 

①太ももを挙げる。

 

②お辞儀をする。

 

③直立姿勢のとき、骨盤を前傾(背骨を前彎)位置に保つ。

(わかりやすく言うと猫背気味にならないようにするということです。)

 

縮んだ大腰筋を緩めると、腰痛が解消される方がほとんどです。

当院では、「優しく揺らす手法」で、この縮んだ大腰筋を緩めていきます。

お客様の中には、その手法をかけた直後に、大腰筋が緩んだことがわかる方もいらっしゃいます。

ぜひ、当院で腰痛解消のために、大腰筋が緩む感覚、足が伸びる感覚を体感してみてください。

慢性痛、職業病だとあきらめかけていた、その腰痛から解放され、皆様が健康で充実した毎日を送れますよう、大竹整体院は、全力でお手伝いさせていただきます。